第16回ハロプロ楽曲大賞'17:ひとことぬし投票メモ

今年もハロプロ楽曲大賞の季節がやってまいりました。
2013年/2014年/2015年/2016年に引き続き今回も自分の投票内容をブログに書くよ。お暇なら過去分もみてね。

楽曲大賞の公式サイトはこちら。12/12いっぱい投票可。
第16回ハロプロ楽曲大賞'17

以下のものと次点以降の数曲を動画と一緒にずらずらと書いてみました。
舞台曲とアルバム曲のほとんどに公式動画がないのが残念。でも聴いたことのない曲は是非一回聴いて欲しい。
楽曲部門:自分の好きな5曲 計10pts.
MV部門:自分の好きな3曲 計6pts.
推しメン部門:自分の好きな1名

楽曲部門の先頭へ
MV部門の先頭へ
推しメン部門の先頭へ

楽曲部門

1位. カントリー・ガールズ : VIVA!! 薔薇色の人生 (3 pts.)

www.youtube.com

とても可愛らしくてとても楽しくてとてもよくできた楽曲。盛大に始まったと思ったら直ぐにちゃんとカントリー調に収まる構成もにくい。歌詞はどのフレーズを抜き出しても唸るしかない安定の児玉雨子。「All boys and girls hiya」や「言祝げ」などの音が気持ちいいし「時間を止められたらなぁ」のストッピング船木さんや「未来しかなくてごめんね」のごめんねポーズ、みんなで斜め上を指差すなどビジュアル面でも抜かりない。そして万感の思いの「私なら大丈夫です」。「私なら大丈夫です」というフレーズの使い勝手の良さが逆に切ない。CD音源だと全体にわたる綺麗なコーラスも聴きどころ。一音一音切った山木さんの「でも君の助演賞ならば」とその後のももちさんの「いーまーだ」の声も好き。そこはCD音源の方が映える。

2位. JKニンジャガールズ : 闇に抜け駆け (2.5 pts.)

www.youtube.com

舞台「JKニンジャガールズ」の主題歌。地の底から湧き上がる「ゼェ~ッタイ勝利は譲らんない」から始まる名曲。自分の中ではBuono!の「初恋サイダー」と双璧をなす出だし。「譲らない」じゃないんだよ「譲らんない」なんだよ。エツ子先生っぽいよね。終盤広瀬さんの「あたしこそがっ」の「がっ」と二番井上さんの「まいたげる」も気持ちよい(ただしCD音源だと物足りない)。音楽も三味線/尺八とエレキ/ドラム/金管の競演が楽しい。「ドスコイ!ケンキョにダイタン」もそうだけれどこぶしは和洋混在の音楽が似合う。欲を言えばこれのインスト版も欲しかった。終始勢いと語呂に任せた、適当感の強い歌詞も魅力。「見てよ私の忍び足」見せるなよ。忍べよ。

3位. ハロプロ研修生 : ありがた迷惑物語 (2 pts.)

https://www.youtube.com/watch?v=ZGRPR95vBeQwww.youtube.com

歌詞も曲調もダンスも攻める反骨精神溢れる楽曲。これからもスタッフだのファンだの訳知り顔のおっさんたちに色々とドヤ顔で諭されて仲間内のコミュニティでも多々発生するであろう理不尽な事態を研修生たちに歌わせるというつんく♂節の利いたシチュエーション。この曲といいジェラジェラといい言いにくいことを言わせるのがつんく♂のマイブームなのか。事務所のみなさん、「経験」だとか「きっかけ」だとか「チャンス」とかそんな言葉で全部まとめさせないそうですよ。研修生のみなさんが攻めの表情で肩入れてぐいぐいくる映像もとてもよろしい。なんでMV作らなかったんだよ。

4位. かみいしなか かな : ふるさとの夢 (1.5 pts.)

www.youtube.com

何故か名曲が多いSATOYAMA系の新顔。TBSの番組「ふるさとの夢」を見過ぎてもはや安東アナの顔が浮かんでくるようになった当楽曲、歌詞の内容にはそれほど共感はしないのだけれど、歌詞の音と音楽、歌唱者の声質の融合が心地よい。終盤の間奏明けソロで歌い継ぐ「群青の空 木蓮 北斗七星 クスノキの香り もぎ立ての枇杷」「山と海の風が吹き付けるこの町 少し染めた髪の芯まで冷えて」の声質の対比がたまらん。ソロで魅せる金澤さんとユニゾンで支える中島さん、可憐な声色の上國料さん、初々しい声色の石田さんなど役割分担もうまくできてる。ところで2:57の歌詞に出てくる「口うるさかったおばあちゃんたち」のその後が気になる。少し静かになりましたか。そうですか。そうですよね。私もじきに静かになります。あと、4:11とか4:13にほのかに聞こえる上國料さんの笑い声みたいなの、楽器の音かしら。

5位. ネガポジポジ : いままで生きてきてどうこう (1 pts.)

www.youtube.com

演劇女子部の舞台「ネガポジポジ」の劇中歌。劇はそれぞれ同じシナリオをABCの3チームで披露したため実際には同楽曲が3種類存在するが、CD音源はチームB(小野瑞歩、高瀬くるみ、前田こころ、吉田真理恵、小野田暖優)で劇中とは別の編成で収録。小野さんの丸い声から始まり高瀬さんの硬質な声に引き継がれ、前田さん吉田さんの高いユニゾンから小野田さんの「幸せって気持ちをぼくは知らない」と繋ぎ、そこから高い「わからなーい」と来る構成がかっちり決まってる。そして終盤1:53からの切ないコーラスも圧巻。サントラ用で舞台とは違う編成なのによくぞここまで洗練させたなと。そして何よりも終始引きこもりのぼんやりとした、深刻なのか深刻じゃないのか判らない歌詞が絶品。劇中ではアンサンブルの皆さんが帽子を落としながらフリフリウロウロする振付も素敵だった。

6位以降

俺的最終選考で落ちた曲(五次選考全10曲)
  • ネガポジポジ : ネガポジポジ
    • 動画を表示
    • 演劇女子部の舞台「ネガポジポジ」の主題歌。歌詞も音楽もひたすらグルグルしてる。多幸感が強く中毒性が高いヤヴァイ曲。歌い方も振付も凄くかわいい。ネガポジポージネーガポジポジ。ところで最後の「あなたとわたしはネガポジネガガポジポジネガガネガネガポジジネガポジネガポジ」覚えるのつらくない?
  • Juice=Juice : Fiesta! Fiesta!
    • 動画を表示
    • 新生Juice=Juiceの幕開け。情熱的でエリックがうるさい名曲。テアーモテアーモ。滑舌が怪しい幼い梁川さんの声とマダム金澤の妖しい声が並ぶ背徳感。間奏の後半段原さんソロダンスに入るところでガヤが低くなるのが好き。サビのコーラス(エリックじゃなくて女声の方)も好きよ。
  • カントリー・ガールズ : 小生意気ガール
    • 動画を表示
    • アザラシこと我らが福田花音先生の大得意な可愛らしい歌詞。「ペロ」「ツマラーン」「ネエ」のガヤが最高。終盤の小生意気ルーレット、演じるのかい?やめるのかい?どっちなんだい!?【(C)山木女史】の末に「今日はちょっと小生意気……をやめる」に「ぐぬぬアザラシめ」ってなるよね。
  • 夢見るテレビジョン : 鬼のプロデューサー
    • 動画を表示
    • 演劇女子部の舞台「夢見るテレビジョン」の劇中歌。あやちょさんソロ。「ピー」音(1:32)の入った、ハロプロ楽曲では聴けないあやちょさんの太い舞台歌唱。基本的には力強い歌い方だけれどジャンヌ・ダルクのくだりだけ清冽な歌い方になってその末尾で急激に鬼化する。モベキマスの「もしも・・・」(動画を表示)を聴いているときに将来あやちょさんがこんな歌声を披露するとは予想できただろうか。ブンチャカしてる音楽も好き。こういうの何て言うジャンルだっけ。
  • ファラオの墓 : ナイルキアの遺言
    • 動画を表示
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の劇中歌。野中さんソロ。舞台の度に一途な役で謎の存在感を見せる野中さん、訥々とした独白から「そのためならこの命喜んで捧げましょう」でグッと盛り上がる。歌の中でも一人称が「ナイルキア」なのも萌えポイント。最後のフレーズ「永遠に捧げましょう」の「しょ」が少し乱れるところも良ポイント。
俺的五次選考で落ちた曲(四次選考全15曲)
  • カントリー・ガールズ : 明日からはおもかげ
    • 動画を表示
    • 基本、卒業/解散に際して作られた曲はあまりピンと来ないマンなのだけれど「明日からはおもかげ」のユニゾンはグッと来る。歌詞もついソロの台詞に意識が向きがちだしカントリー調の音楽で装飾されてるけど、ユニゾン部分の歌詞の熱量と情感と侘しさがハンパない。「たとえこの世の時計が壊れてもその鼓動なら止まらない」「たとえ駆け足で大人になってもその背はきっと追い越せない」。また雨子かよ!
  • ファラオの墓 : ジクの嘘
    • 動画を表示
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の劇中歌。レア感ある尾形さんソロ。汐月しゅうさんが「ジク……」のひとことだけ登場する贅沢な構成。歌唱部分は15秒弱。「追い詰められて葛藤しながら嘘をつく」という「日本三大尾形さんにやってもらいたい役」のひとつが実現した夢の楽曲。最後のフレーズ「違いありません」、苦渋しながら絞り出した「ち」と語尾の「ん」がセクシー。「私は嘘を言っておりません」の気もそぞろな感じも素晴らしい。
  • モーニング娘。 : ジェラシー ジェラシー
    • 動画を表示
    • ストリングスを利かせたイントロから始まり軽妙に嫉妬を歌い上げる楽曲。ひたすら己の願望とジェラシーを並びたてて「私の努力よ私讃えて」という歌詞に「おほ。そういう方向から来るかい」となる。終盤のコーラス「ッヘーイ」が大好物。
  • モーニング娘。 : BRAND NEW MORNING
    • 動画を表示
    • 微妙にエキゾチックな音楽とこれからやってやるぜ的な歌詞が印象的な楽曲。「誰よりも最強」「新時代の幕開け」などの歌詞に安直だとか恥ずかしいだとかいう印象があるかもしれないが、星部ショウ自体が若手クリエイターなのだから個人的には現時点でそつなくまとまったものを作られるよりこれぐらい恥ずかしくて青臭い方が面白い。五年後ぐらいに恥ずかしさで身もだえして欲しい。
  • ネガポジポジ : てんぷら食べたい
    • 動画を表示
    • 演劇女子部の舞台「ネガポジポジ」の劇中歌。歌詞が秀逸だし歌い出し小片さんの唇の動きが想像できる囁きもたまらん。新曲「低温火傷」の小片さんソロも良いですがこちらもどうぞお召し上がりください。1:00から終盤にかけてのピアノの展開もなかなかのもの。「大人になったら天ぷらをいっぱい食べることができないって言うから こどものいまのうちにいっぱい食べておこう どうかもたれませんように」もう遅いよ。
俺的四次選考で落ちた曲(三次選考全19曲)
  • 嗣永桃子 : ありがとう! おともだち。
    • Berryz工房の名曲、そしてももちさん最後の歌。キーンと通る声が透き通ってるのに力強いところがももちさんらしいなと。たいへん凜々しい。この力強さが聴いている側の切なさを助長する。
  • ファラオの墓 : アンケスエンの手紙
    • 動画を表示
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の劇中歌。レア感ある生田さんソロ。扇けいさんが「なにぃ?」のひとことだけ登場する贅沢な構成。楽しそうに2本の半月型短刀を操る暗殺者マリタ様の粗い歌声が素敵。印象的な「砂漠の鷹の首を討ちましょう」のメロディーもよいけどその後の妖しいフェイクも好き。
  • ファラオの墓 : ファラオの墓
    • 動画を表示
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の主題歌。エキゾチックで荘厳な音楽にユニゾンを載せることで砂漠の歴史に埋もれた群像劇の展開を予感させるオープニング。CD音源と劇中で歌割が違うがCD音源ではほぼユニゾンの中でナイルキア野中さんに「憎しみの連鎖は愛を奪う」アンケスエン譜久村さんに「悲しき運命が作られる」とソロで歌わせているところもポイント。
  • ファラオの墓 : 恋の歌
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の劇中歌。可憐な野中さんと凜々しい石田さんによる歌唱。他の劇中歌は作詞「清水有生/太田善也」であるなか、当楽曲のみ原作の文章由来。瑞々しい生き物たちを銀の星や青い耀く布に喩えて「それではわたしの恋する目は?」とスネフェル様に聞いちゃうナイルキアたん。最後の「ナイルの聖河は棕櫚の樹の恋人 ひたひたと足もとによせて口づける」は当人たちを喩えたものや否や。希望に満ちた野中さんの歌声とそれを慈しむ石田さんの歌声は当劇の劇中歌のなかでも出色の出来。
俺的三次選考で落ちた曲(二次選考全28曲)
  • 道重さゆみ : 再生 ~わたしはここにいるわ~
    • 動画を表示
    • 道重さんの再生曲。「覚えてるの?私覚えてない」「忘れちゃった?私忘れてない」などとマザーグース的に展開しながら物語の背景を匂わせる作り。個人的には「進む時間」「宇宙空間」の絶妙な語尾の長さが好き。「長いな!」って思うギリギリ手前。
  • Juice=Juice : Goal ~明日はあっちだよ~
    • 動画を表示
    • 見えたり見えなかったりあっちにいったりするGoalに振り回される歌。爽やかな曲調とJuice=Juiceの安定した歌唱で非常に聞き心地のよい楽曲。終盤の余裕のフェイクに構成としてのドヤ感が見られる。
  • 矢島舞美 : 明日、知らない風に吹かれて
    • エモい。この曲調とこの歌詞は矢島さんにぴったりだと思う。硬くて情感が乗りにくいもののひたむきさの強い矢島さんの歌声が却って切なさを際立たせる。明確に声を細くして繊細なタッチで新しい顔を見せる2番の冒頭にも注目。Aメロは全体的に繊細に歌っているが2番の出だしの儚さは格別。
  • 道重さゆみ : わたしの答え
    • 動画を表示
    • 低くうたうたう。生けるボーカロイド。元々機械的な声を持つ道重さんの機械的な歌唱によって逆に人間味のある丸い輪郭が強調されている良曲。オプションを2つ付けたグラディウスのレーザーみたいに平坦で伸びやかな声が多階層に繋がって放射されてくのが気持ちいい。
  • JKニンジャガールズ : 悲しみの欠片
    • 舞台「JKニンジャガールズ」の劇中歌。アコースティックギターの悲しい音色が印象的な「裏切り」のバラード。「こんな結末だれも望んでない」。終始深刻に裏切られた悲しみを歌い上げているなか桜子さんのパートだけ「お腹空かせたって」とか様子のおかしいこと言い出して誰もツッコまずに深刻な曲調のまま進んでいくあたりジワジワくる。お腹空くのは我慢しようよ。
  • JKニンジャガールズ : 転校生ミステリー
    • 舞台「JKニンジャガールズ」の劇中歌。一岡さん堀江さん高瀬さん川村さんの研修生たちによる不思議な転校生たちに対する歌。JKニンジャガールズも演劇女子部の舞台「リリウム」の和田俊輔さん作曲だが、当楽曲は「リリウム」感というか「秘密の花が綻ぶ」感が強い。なにかがはじまっちゃう。Bメロの鈴の音大好き。レベル4の繭期脳だとこの楽曲の終わりで脳内を暗転してマリーゴールドに一言二言喋らせることができる。
  • JKニンジャガールズ : これぞ忍の錬金術!
    • 動画を表示
    • 舞台「JKニンジャガールズ」の劇中歌。舞台では回替わりゲストでメリー教官役(中島さん、和田さん、竹内さん、工藤さん、小田さん、植村さん、山木さん)が歌ったがCD音源は工藤さん。おっさんの「メリメリハリハリビシバシメリハリ」は舞台「ネガポジポジ」の楽曲「ネガポジポジ」の「ネガネガポジポジ」と同じ中毒性がある。キワモノかと思いきや、存外歌詞も楽曲も歌唱もイケてる。特にサビと2番Aメロから入ってくる鐘の音が格好いい。これ羊とハリネズミのプラカード持って踊る研修生も大好きだった。「少女老い易く忍び成り難し」。
  • JKニンジャガールズ : 猿もおだてりゃひとっ飛び
    • 舞台「JKニンジャガールズ」の劇中歌。井上さんソロ。軽妙なジャズ系の音楽にあわせてソウルフルに歌い上げる。そりゃ井上さんですもの、歌唱も自由自在、縦横無尽ですよ。構成自体に「猿飛」感が溢れてる。途中に入るクラップも好き。
  • JKニンジャガールズ : 歌いたいからOK!
    • 舞台「JKニンジャガールズ」の劇中歌。舞台では回替わりゲストでカラオケ店員役(矢島さん、上國料さん、室田さん、野中さん、石田さん、宮本さん、森戸さん)が歌ったがCD音源は舞台で好き放題やってた室田さん。歌っても歌わなくてもOK、話したいやつも騒ぎたいやつも暴れたいやつもOK、ただしJKはお酒とタバコはダメな歌。基本的には闇に抜け駆けと同様、語呂とノリだけで乗り切る歌詞。寛容と肯定大事。
俺的二次選考で落ちた曲(一次選考全40曲)
  • ファラオの墓 : メネプの悲しみ
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の劇中歌。汐月しゅうさんソロ。抑揚が波のように押し寄せるさすがの宝塚歌唱。声の通りや入りの情感が素晴らしい。歌声だけでも表情が見える。
  • つばきファクトリー : 初恋サンライズ
    • 動画を表示
    • 「統率の取れたジャンプ」の機会のある楽曲。電子音が軽く疾走感があって聞き心地がよい。「簡単じゃないのぅ」「単純じゃないのぅ」の「のぅ」がたまらない。ジャンプ抜きでも今のつばきファクトリーに合った良曲。「こんな気持ち、はじめて」\りさまる。/
  • JKニンジャガールズ : 選ぶ未来
    • 舞台「JKニンジャガールズ」の劇中歌。浜浦さん井上さんによる歌唱。アコースティックギターとピアノにのせて敵対する運命の悲しさを歌う。運命に従うことを躊躇う浜浦さんと運命に従えという井上さんの立場の違いが声色に表れている。
  • ネガポジポジ : 居間はだめ
    • 動画を表示
    • 演劇女子部の舞台「ネガポジポジ」の劇中歌。堀江さん中心にパンチのある歌声。居間と今を掛けているがそんなことはどうでもよい歌。屋根裏なんかぶっとばせ。曲を構成する音もよい。ほのかに聞こえるコーラスもいい味出してる。
  • つばきファクトリー : ハナモヨウ
    • 動画を表示
    • りさまる先生から始まる楽曲。好きな楽曲なのだけれど楽曲的にどこがどうっていう引っかかりポイントはそれほどないのであるなぁ。
  • PINK CRES. : キレイ・カワイ・ミライ
    • 動画を表示
    • 「ヨベビガ」の歌。「夢夢夢夢」「手に手に手に手に」とかクラップとか全体的に音として楽しめる構成。
  • 矢島舞美 : これから飛び乗ってく未来
    • これまた矢島さんっぽい爽やかな楽曲。サビ前とサビ終わりに出てくる裏声語尾がクセになる。
  • ファラオの墓 : 砂漠の鷹
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の劇中歌。「オオオ、オオオ」のコーラスが印象的な楽曲。同劇中の楽曲「戦いの歌」でも「オオオ」があり、同劇中の楽曲「生きていた!」「イザイの復讐」でも同じようなメロディーラインがある。終盤(1:26)に食い気味に重ねられる「オオオオオ」が好き。結局の所「オオオ」。
  • ファラオの墓 : スネフェル!
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の劇中歌。奴隷たちの「スネフェル!スネフェル!スネフェル!」という恐怖のおののきからスネフェルお付きの小姓ルー(羽賀さん)の「言葉を慎め」を受けてスネフェル様(CD音源では工藤さん)のオラついた自己紹介どーん。
  • ファラオの墓 : 生きていた!
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の劇中歌。横山さん牧野さんから始まる「サリオキスが生きていた」って言うだけの楽曲。1分半あるけど歌唱は冒頭20秒まで。1:03ぐらいからの静かな盛り上がりが好き。
  • 一岡伶奈段原瑠々、川村文乃、高瀬くるみ、清野桃々姫 : 誤爆 ~We Can't Go Back~
    • 動画を表示
    • 2017年配信楽曲群のひとつ。マイケル感の強い楽曲。「ゴッバー」。ハロコンでこの楽曲を披露しているときひな壇にいる金津さんが歌ってるメンバー同様にクネクネするんだけれど硬くて全然クネクネできてないのかわいいし楽曲とは全然関係ない。
  • ファラオの墓 : ヨーホー
    • 演劇女子部の舞台「ファラオの墓」の劇中歌。ひたすら死を望む奴隷たちの歌。牧野さん横山さんの声が混ざったときのモブ的響きがとてもしっくりくる。

楽曲部門の先頭へ
MV部門の先頭へ
推しメン部門の先頭へ

MV部門

1位. モーニング娘。 : ジェラシー ジェラシー (3 pts.)

www.youtube.com

左右ダイナミックに白黒分かれた空間と白黒タイルが混在する空間。前者では明暗分かれる演出、後者ではモザイク状に互いにジェラっちゃう演出で、歌詞とうまくマッチしてる。重厚な紅いカーテンでアクセントを持たせてると思いきや、原色ラッパー登場でfly awayである。白い衣装の集団の後ろに飾られた白黒半々の衣装だったり、冒頭にちょっとだけカットインされる白い小物と黒い小物も良い味出してる。斜めでクネクネする隊列も好き。でも一番は左右白黒入れ替わりの表情と指さし糾弾だよね。0:52の糾弾尾形さんと1:11のふてくされ横山さん、2:18の鬱村さんの眼差しが絶品。

2位. モーニング娘。 : BRAND NEW MORNING (2 pts.)

www.youtube.com

衣装と旗のギミックがね、とても良いんですね。やはり13期ですよ。小さい横山さんの髪飾りとスタイリッシュなショート加賀さんの佇まいの「ガンダム登場人物感」がすごいんですよ。そして石田さんの御髪。ウェーブの掛かった後れ毛付ポニテでスカート気にせず足開いてガシガシ踊る様(4:04)、微妙な階級を授けて量産型キュベレイとか割り当てたくなるよね。庶民の出で実力と気概でのし上がってきた女性将校。まあガンダム全然知らないんですが。あと1:07ソロの横山さんの妙に暗い眼差しも大好き。なんか、こう、由来の分からない背徳感がある。楽曲としてはちょいちょい挟み込まれる和楽器風の弦の音がうまく機能してる。ダッレッヨッリモサイキョ!

3位. つばきファクトリー : 就活センセーション (1 pts.)

www.youtube.com

狙いすぎだ!とは思う。思うけど、りさまる先生の就活スーツには勝てない。なんだかんだでちゃんと小雨の中お外でロケしてる点も推せる。そして1:24で浅倉さんが指グネグネしながら横向くの好き。最終面接会場の紙が面接会場の外向きじゃなくて内向きなの気になるよね。

4位以降

今回、そんなにイケてるMVがないぞー。っていうか品数が少ないぞー。ガオー。

楽曲部門の先頭へ
MV部門の先頭へ
推しメン部門の先頭へ

推しメン部門

モーニング娘。 石田亜佑美

激単DDなので石田さんでお願いします。とにかく美味しいものをいっぱい食べて欲しい。

楽曲部門の先頭へ
MV部門の先頭へ
推しメン部門の先頭へ

f:id:htktnushi:20171206031849j:plain

スポンサードリンク